【巨人】松本コーチが徹底する「脱過保護」

外野手の育成について熱く語る、巨人・松本コーチ
外野手の育成について熱く語る、巨人・松本コーチ

 巨人・松本哲也ファーム外野守備走塁コーチ(34)が、「考える力」の重要性を説いた。昨年、3軍外野総合コーチとして指導者生活をスタートさせ、今年で2年目を迎えている。「僕が貫いているのは、まずやらせて、考えさせることですね」と若手外野手たちの守備向上のために、「脱過保護」に徹している。

 試合中の攻撃と守備で、松本コーチは人が変わる。と言っても感情の起伏が激しいわけではなく、守備の時はベンチであえて細かい指示を出さないようにしている。「相手の打者や試合の状況を見て、選手が考えて守備位置を変えられるようにならなくちゃいけないですから。指示を出すのは簡単ですけど、それじゃ1軍で戦える守備力はつきません」。

 試合が終わると、会話の時間を増やしていくのも松本流。ベンチでつぶさにチェックした各選手の動きを聞くところから始める。「あの選手の打席の時、なぜ守備位置を右よりに変えたのか、とか聞きますね。考えて動いていれば答えはすぐに出るはず。なんとなく動いていれば答えられないですから。そこから僕の考えを伝えて、こうするべきだとか、ああしないほうがいいとか言います」。

 自分で考え行動し、ここぞでビックプレーが出れば自信にもつながる。受けた指示通りに守備位置を取って好プレーを見せても、成長はない。そして松本コーチが求める「考える守備」はさらに深い。「たとえばセンターの選手が、自分の判断で右翼よりに動くのであれば左中間が空く。だからレフトの選手に声をかけなくちゃいけない。外野手同士だけではなく、セカンドやショートとも中間フライはどうするかを決めておく。そこまで考えなくちゃいけないんです」。

 目の前で困っている若者がいれば手をさしのべたくなるが、手を出せば永遠にその手を待ち続けるだけになる。育成で巨人入りし、支配下になって、2009年には新人王と育成出身選手で初めてゴールデングラブ賞を受賞。自身も困り、考えてその地位を築いた。「09年はレフトにラミレスがいて、僕がセンターでライトは亀井さん。ラミのカバーもしなくちゃいけなかったし、亀井さんとも色々話した。ショートは(坂本)勇人。間に落ちそうなフライに関しては試合前から話してました。勇人が最終的には『僕は滑り込んで取りに行くから、マツさんは僕を飛び越えるようにして行って』って。そういう話をするから互いに信頼できるようになるんですよ」。

 数々のファインプレーは松本コーチの能力だけではなく、事前の綿密な打ち合わせで成り立っていた。「(育成)3年目の加藤も、少しずつ自分で動けるようになった。去年は僕も3軍コーチで、彼も3軍。右打者だからライトより、左打者だからその逆とかそれくらいしか動けなかったんです。選手の成長する姿を見られるのは本当にうれしいし、僕自身も少しは役に立てているかなって実感を得られる」。

 選手時代との違いを問われると「使いすぎて頭が痛いですよ」と両手でこめかみに手を当てた。それでもその表情は充実感に満ちていた。(高田 健介)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請