【巨人】原監督「すぐに逆転してくれたところは良かった」

5回1死一、三塁、若林晃弘の左犠飛で生還した岡本和真を迎える原辰徳監督(カメラ・上村 尚平)
5回1死一、三塁、若林晃弘の左犠飛で生還した岡本和真を迎える原辰徳監督(カメラ・上村 尚平)

 ◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム3―7巨人(16日・札幌ドーム)

 ◆原監督に聞く

 ―2回はいい形で逆転した。

 「いい形、よくつないでね、3点ビハインドという中で、すぐ(逆転)というのは大きいね」

 ―菅野は初回こそ3失点したが、2回以降は抑えた。

 「立ち上がりがね。この前(のロッテ戦)も0点に抑えたとはいえ、『立ち上がりをもう少ししっかりやろうな』とは言ったんだけれどもね。その点で(打線が)すぐに逆転してくれたところは良かった」

 ―フォークも多く使っていた。

 「どちらかというと、トモ(菅野)の場合は、真っすぐとスライダーだと打者側は思っているのではないかな。その辺のところを、銀ちゃんと工夫しながらやっていましたね」

 ―他のセ・リーグ球団が苦戦する中で8勝4敗と好調。

 「そんなことはないでしょう。まだ終わったわけじゃないんだから」

 ―残る6試合は本拠地ということで優勝も視野に。

 「いやいや、まだまだ。まだ6試合、1戦1戦だね」

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請