【日本ハム】稲葉SCOが社会貢献活動に参加 ファンと約7キロをウォーキング

参加者と記念撮影する稲葉SCOら
参加者と記念撮影する稲葉SCOら

 日本ハムの稲葉篤紀SCO(スポーツ・コミュニティ・オフィサー=46)が16日、日本ハム・巨人戦前に、ファイターズ ウォーキングクラブ「FOOTSTEP FUND~あしあと基金~」に参加した。

 「FOOTSTEP―」は、健康増進と社会貢献を目的とした活動。10歩を1円としてパラ・スポーツの支援に充てられる。通算18回目の今回は、侍ジャパンの監督を務める稲葉SCOと、侍ジャパンの建山義紀投手コーチ(43)らも参加した。

 時折、小雨も降る中、ファンとともに約7キロを歩き、全員の合計歩数は147万歩超え。14万7730円を寄付することになった。活動を終えた稲葉SCOは「健康増進と社会貢献をを目的としたこの活動を通じ、みなさん一人ひとりの思いが北海道を元気にしていくと思います」と、参加者への感謝を口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請