馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

禁止薬物検出で函館スプリントSのダノンスマッシュも除外…安田隆調教師「こっちが被害者です」怒りに震えた

 JRAの厩舎に販売された飼料添加物「グリーンカル」の一部に禁止薬物のテオブロミンが含まれ、15、16日で156頭が競走除外となった問題を受け、厩舎関係者からは怒りや戸惑いの声が相次いだ。16日の函館スプリントS・G3の最有力候補だったダノンスマッシュが競走除外となるなどした安田隆行調教師(66)=栗東=は「こっちが被害者です」と怒りに震えた。

 函館競馬場は15日早朝から騒然とした雰囲気だった。16日に行われる函館スプリントSは6頭が除外となり、異例の7頭立てに。出走すれば1番人気が濃厚だったダノンスマッシュを管理する安田隆調教師は「最悪ですね。コメントがないです。期待していただけに残念です。おかしいですよ。これだったら旅費も全部出してほしいくらい。(この日の函館5R・新馬戦に使う予定だった)レッドヴェイパーの会員さんも内地から来ているし、どうすればいいのか。こっちが被害者です」と怒りをあらわにした。14日22時30分頃に審判部から連絡を受け、競走除外になる旨を伝えられたという。

 また、函館にいる厩舎関係者は「昨日(14日)の午後3時過ぎに調教師から禁止薬物が入っているという電話があった。その後に(当該の)飼料を回収されましたね。(回収にきた販売業者に)『異物が入っている』って言われたけど。そのときは、除外になるとは思ってなかった。むしろ中止になるんじゃないか、と思った」と話した。

 この日の朝6時30分に15、16日両日の競走除外馬の措置がとられる発表があったが、16日の重賞以外のレースの除外馬の発表が遅れたこともあり、「今日(15日)のことはわかったんですけど、明日(16日)の馬のことはわからないんですよ」とあるジョッキーは困惑。調教師らも朝から駆けつけ、対応に追われた。開催当日の早朝に類を見ない発表で、物々しい雰囲気のまま北海道シリーズが幕を開けた。

 一方、滋賀・栗東トレセンではユニコーンS(16日・東京)にロードグラディオが出走予定だった西浦調教師が「グリーンカルは(97年に)開業してから、ずっと使っている。(今回は)どこでどうなったのかが分からない」と肩を落とした。14日23時に電話で一報を受けた後、トレセン事務所で説明を受けたという。今週はロードを始め、7頭をスタンバイさせており、「非常に楽しみな馬が多かった。仕方がないことだけど残念です」と話した。

 また、ユニコーンSにサトノギャロスが出走予定だった西園調教師も「競馬会(JRA)が認めたところから仕入れたサプリでこんなことが起きるなんて…。バタバタはしたけど、どうしようもないので」と振り返っていた。

<当該の飼料添加物「グリーンカル」計28厩舎が購入>

 JRAで当該の飼料添加物「グリーンカル」を購入していたのは計28厩舎。内訳は栗東所属が22厩舎、美浦所属が6厩舎だった。

 厩舎によって、今週の出走予定馬すべてが競走除外となったケースと、そうでないケースに分かれた。安田隆厩舎は滞在先の函館でグリーンカルを購入していたため、函館スプリントSに出走のダノンスマッシュなど函館滞在組の3頭が土日で競走除外となったが、栗東では購入していないため、ユニコーンSのデュープロセスを含む土日合わせて5頭は予定通りに出走することになった。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請