【DeNA】9回、1点差まで迫るもプロ野球初球団通算5000敗

9回無死、ロペスが左中間へ12号ソロを放つ
9回無死、ロペスが左中間へ12号ソロを放つ

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク4―3DeNA(15日・ヤフオクD)

  DeNAは9回にロペスのソロなど2点を返したが及ばず、プロ野球初となる球団通算5000敗(4024勝)を喫した。

 初回に相手のミスから1点を先取も、先発の井納が6回途中4失点。9回に先頭のロペスがソロ。代打・佐野に右前適時打が生まれた。しかし1死一、二塁で神里が三ゴロ併殺打でゲームセット。これで今カードは1勝1敗となり、12年以来7年ぶりとなるソフトバンク戦勝ち越しはお預けとなった。

 ラミレス監督は「(高橋礼は)スピードガンよりかなり速く見える。かなり厳しかった。相手のクローザーから点を奪うのは気分がいいことだが、勝つにはいかに序盤に点を取るかが重要」と16日の対戦を見据えていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請