スーパー・タイガー、藤田和之との対戦へ「新しい形となったストロングスタイルを世間に見せていきたい」…6・20リアルジャパン後楽園

公開練習で蹴りを披露するスーパー・タイガー
公開練習で蹴りを披露するスーパー・タイガー

 リアルジャパンプロレスのレジェンド王者スーパー・タイガーがこのほど、東京・荒川区の野良犬道場で6・20後楽園ホール大会へ向け練習を公開した。

 スーパー・タイガーは、後楽園で船木誠勝と組んで、「はぐれIGFインターナショナル」の藤田和之、ケンドー・カシン組と対戦。練習では全日本スーパーフェザー級王者森井洋介をパートナーにサンドバッグ打ち、タイヤ蹴り、スパーリングなどを披露した。

 今回の一戦へスーパーは「いろんな世間の取り方というか、プロレスとしてのあり方だったり、いろいろあると思うんですけど、ボクはやっぱり純粋に強さの部分を追求して藤田選手、カシン選手に対して真摯な気持ちでぶつかっていきたい」と明かした。

 リアルジャパン初参戦となる藤田の印象を「すごく魅力的な選手なので、ボクはそこを超えていかないと。令和を迎えてストロングスタイルというものを古いものにしたくないという、新しい形となったストロングスタイルを世間に見せていきたいというのがボクの中ですごく燃えている部分があります。アントニオ猪木最後の弟子という部分で、私も初代タイガーマスク・佐山サトルの弟子として絶対に超えなければいけない存在だというのは常々思ってましたので。これまではどうしても遙か先にいらっしゃる方だったので、今回闘うチャンスをリアルジャパンの平井丈雅代表がリアルジャパンの今後をしっかり見定めた指針の部分で組んでいただいたので、そういう意味でも精一杯応えていきたいと思います」と意気込み今後、シングル対決へ意欲をのぞかせた。

 

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請