久保建英、レアルへの“禁断の移籍”決定!バルサと破局、年俸2億円超5年契約

練習でリフティングする久保。Rマドリードへの移籍が決まった(カメラ・宮崎 亮太)
練習でリフティングする久保。Rマドリードへの移籍が決まった(カメラ・宮崎 亮太)

 スペインの名門Rマドリードは14日、日本代表MF久保建英(18)=F東京=が来季からレアルB(カスティージャ、3部相当)に加入すると発表した。契約期間は5年間で、年俸は2億円超とみられる。バルセロナの下部組織で育った久保は、18歳になる今夏の復帰が既定路線となっていたが交渉が難航。世界一のスター軍団であるライバルチームへの“禁断の移籍”を選んだ。

 日本の至宝を巡るRマドリードVSバルセロナの“クラシコ”は、白い巨人に軍配が上がった。Rマドリードは久保の加入を正式に発表。来季はトップチームではなくレアルBの契約だが、順調に成長を続ければ、翌シーズンはトップチームの契約になる見込み。期間は5年で、年俸は18歳にしては破格の2億円超とみられる。

 久保はライバルチームであるバルセロナの下部組織出身。15年に帰国後はF東京に入団し、順調にステップアップ。当初は国外移籍が可能な18歳になる今夏で復帰することで基本合意していた。

 だがバルサは慣例にならい、実質3部にあたるバルサBで2年間のプレーを求めたのに対し、日本代表にも選出されるなど急成長を遂げた久保側は1年への短縮を希望。年俸もレアルの10分の1以下だったことから、先月に交渉はいったん決裂。今週に入り、久保の代理人がバルサと再交渉を行ったが、最後まで溝は埋まらず、レアルへの加入を決めた。

 来季の所属はレアルBだが、プレシーズンはトップチームに帯同する見込み。現在日本代表として参加している南米選手権の結果次第ではあるが、早ければ7月8日に予定する始動日から合流することになる。その後は北米ツアーが組まれており、同21日にヒューストンで行われるバイエルンとの親善試合が、デビュー戦となる可能性がある。クロアチア代表MFモドリッチやベルギー代表MFのE・アザールらスター選手、そしてジダン監督(46)の前で自身の実力を見せつけることができれば、来季中のトップ昇格の道も開けてくる。

 同クラブにはU―16日本代表MF中井卓大(15)もカデーテA(U―16)に所属。将来の共演にも期待は高まる。年少2位の18歳5日で日本代表デビューを飾った東京五輪のエースが、世界一のクラブで、世界一の選手を目指す。

 ◆記念撮影で笑顔

 日本代表として初の公式戦となる南米選手権を控えるMF久保は、サンパウロ市内で当地入り後、初練習。練習前に行われた日本人学校の生徒との記念写真では笑顔を見せ、ランニングでも中島らと談笑するなど普段よりもリラックスした様子で、約1時間の調整を終えた。30時間超の長時間移動と時差ボケの影響を感じさせなかったが、練習後の取材エリアでは「今日は、すみません」と、足早に通過した。

 ◆レアル・マドリード 1902年創設。本拠地はサンティアゴ・ベルナベウ競技場(8万1044人収容)。主なタイトルはリーガ33回、国王杯19回、欧州CL12回など。創設以来2部降格がなく、FIFAに「20世紀最高のクラブ」と表彰された。2000年代前半にベッカム、ロナウド、ジダン、フィーゴらを擁し「銀河系軍団」と称された。今年5月、米フォーブス誌が発表した「世界で最も価値のあるサッカークラブ」で1位(資産価値約4654億円)に輝いた。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請