東農大北海道・三垣監督ゲキ「スーパーサイヤ人になれ」…15日、初の決勝かけVS明大

真剣な表情で打撃練習を行う東農大北海道・松本
真剣な表情で打撃練習を行う東農大北海道・松本

 第68回全日本大学野球選手権(東京・神宮ほか)に出場している東農大北海道は15日、道勢初の決勝進出を懸けて明大(東京六大学)と対戦する。休養日の14日は都内で調整。今秋ドラフト1位候補・森下暢仁投手(4年)=大分商高出=を擁する難敵を前に、三垣勝己監督(39)は「どれだけ強いエネルギーを持てるか。(勝つには)選手がスーパーサイヤ人になることですよ」と、漫画「ドラゴンボール」のキャラクターを引き合いに出し、奮起を促した。

 PL学園高時代の98年夏の甲子園で三垣監督は、松坂大輔(中日)擁する横浜と対戦。球史に残る延長17回の死闘を繰り広げた経験があるからこそ、指揮官は「ここまで来たら出たとこ勝負。とくにトーナメントは。データも大事だが強い人に向かって行く気持ち、逃げずに男らしくいけるかでしょう」。この日も、日本代表の152キロ右腕対策は一切なし。自身の経験から小細工ではなく、メンタル面の重要性を説いた。

 今大会3試合で8打数1安打と悩める4番・松本大吾一塁手(4年)=群馬・桐生第一高出=は「ダメでも自分のできることはある」と前を向く。指揮官も「どこか必ずいい所で打ってくれるよ」と覚醒を期待した。道勢初の決勝進出へ、金星をつかみとる。(清藤 駿太)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請