高岡商の4番&クローザー・堀裕貴、3年連続聖地導く「150キロ&ホームラン打つ」

夏3連覇を狙う高岡商ナイン
夏3連覇を狙う高岡商ナイン
後方の4階建て校舎屋上まで打球を飛ばした4番・堀
後方の4階建て校舎屋上まで打球を飛ばした4番・堀

 第101回全国高校野球選手権の富山大会が7月13日(開会式は10日)に開幕する。夏では3年連続20度目の甲子園出場を狙う高岡商。4番とクローザーの二刀流で活躍する堀裕貴外野手(3年)は打撃練習で130メートルを越える豪快な本塁打を打てば、ブルペンではMAX141キロの右腕で力強い投球を見せる。初の全国制覇を誓っている。

 握力は右68キロ、左62キロとパワー満点。豪快なスイングを武器に、高校通算19本塁打をマークするのが、県屈指の左スラッガー・堀だ。1か月前のフリー打撃では、ライト方向の約10メートルのネットを軽々と越え、奥にある4階校舎の屋上に到達した。「130メートルは越えていると思う。屋上に上がったので、窓は割らなかったです」と苦笑い。マウンドではMAX141キロのクローザーとして投打の両輪を担う。

 飛距離を出すため、高校入学後からメジャーリーグをお手本にしてきた。好きな選手は、フィリーズの強打者、ブライス・ハーパー外野手。「打球の音がすごく違う。下半身の使い方がうまく、インパクトの瞬間に最大の力を発揮している」と動画でフォームを研究して取り入れる。「メジャーの選手は上腕三頭筋が強い」と、ジムでは40キロの負荷をかけて強化。一冬で体脂肪率は16%から13%にスリムアップし、鋭いスイングを身につけた。

 昨夏の甲子園では、6番打者として16強入りに貢献した。4万人を超える応援の中、「緊張よりもワクワクしていた」とのびのびとプレー。3回戦の大阪桐蔭戦では1―3で敗れたが、現日本ハムの右腕、柿木のスライダーを捉え、右前安打を放った。「すごく自信になり、今でもいろんな場面で生きている。根尾選手も常にボールに集中していた」と甲子園で貴重な経験を積んだ。

 卒業後はプロ入りを目標に掲げる。「プロは小さい頃からの夢。甲子園では150キロを出して、ホームランを打ちます」と堀。目標の日本一に向け、聖地で大暴れを誓った。(中田 康博)

 ◆堀 裕貴(ほり・ゆうき)2002年3月5日、富山県生まれ。17歳。小学1年から野球を始め、大門JBCに所属。大門中では主に三塁手兼投手として活躍し、北信越大会出場。昨夏の富山大会では打率4割4分4厘をマーク。174センチ、82キロ。右投左打。家族は祖父母、両親、兄。特技はスキー。好きな言葉は「豪快」。

夏3連覇を狙う高岡商ナイン
後方の4階建て校舎屋上まで打球を飛ばした4番・堀
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請