【ヤクルト】8度目の2ケタ失点で11カード連続初戦黒星

◆日本生命セ・パ交流戦 西武11―1ヤクルト(14日・メットライフドーム)

 ヤクルトは両リーグ最多となる8度目の2ケタ失点で大敗。11カード連続で初戦黒星となった。

 先発のブキャナンが誤算。初回1死から5者連続安打で3点を先制されると、4回は中村のグランドスラムなどで8失点。5回でマウンドを降りた。打線は2試合連続2ケタ安打をマークしながら、4併殺打でチャンスをつぶして1得点止まりだった。

 交流戦は早くも最高勝率に輝いた昨年に並ぶ6敗目。小川監督は「ああなっちゃうと試合にならない。何とか初回の3点で頑張ってくれていれば…。ゲッツーで点を取れなかったけど、チャンスは作れている」と切り替えた。

試合詳細

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請