【甲府】佐藤和、ドゥドゥ不在救う!2か月ぶり復帰で今季初先発の森ら操る

約2か月ぶりに戦列復帰する甲府MF佐藤和
約2か月ぶりに戦列復帰する甲府MF佐藤和

 J2ヴァンフォーレ甲府は15日、ホームで東京Vと対戦する。チームは14日、山梨大医学部グラウンドで前日練習。4月7日の町田戦で左膝内側側副靭帯を痛めて離脱していたMF佐藤和弘(28)が、右シャドーストライカーで先発し、約2か月ぶりに戦列復帰。左シャドーはFW森晃太(22)が今季初先発することが濃厚になった。FWドゥドゥ(29)が左大胸筋を痛めて離脱する危機を、副主将・佐藤和が救う。

 佐藤和はセットプレーの確認で主力組に入り、最終調整した。心機一転して茶髪にイメチェン。「ケガしたから変えた。(チームメートから)サルって言われました」と笑わせた。

 ボランチが主戦場の佐藤和にとって、ウタカと森との3トップはもちろん今季初。「ウタカの近くでやれればいいかな。ボールを落としてくれるから、もう一回戻したり、(森)晃太に回せたりすれば」とプレーイメージを明かした。

 伊藤彰監督(46)は「後ろに下がってきても、前でもタクトをふるって欲しい」と佐藤和にピッチ上の指揮官となるようリクエスト。「ウタカの周りでコンビを引き出す動き、ボランチとのつなぎ役も」と多方面での活躍に期待をかけた。

 森は「一番若いので走ることは大事。自分が全部やるくらいに走る。走るだけ走って、結果がついてくればいい」と雨予報の中銀スタを駆け回ると宣言した。前節に首位・山形と引き分けて連勝は3で止まり、4位に後退したが、首位とは勝ち点3差。直近2戦で7失点と守備が不安定な東京Vを破り、再び白星街道を突き進む。(西村 國継)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請