ボートレース多摩川【SGグランドチャンピオンまであと3日】3月にSG初出場優出した桑原の活躍に期待

クラシックで優勝戦3着の桑原。近況もG1で2節連続で準優に進出して好調だ
クラシックで優勝戦3着の桑原。近況もG1で2節連続で準優に進出して好調だ

 初出場選手 今年は初出場が6人。SGの実績で出場権が得られるグランドチャンピオンにしては、比較的多い。

 その中で、SG優勝戦完走で権利を勝ち取ったのは、土屋智則(群馬)、片岡雅裕(香川)、桑原悠(長崎)の3人だ。桑原は2月の九州地区選手権(芦屋)で、3カドからまくってG1初優勝、3月のクラシック(戸田)出場権を獲得した。SG初出場だったクラシックでは、初日に6コースまくり差しでSG初勝利、予選で3勝して5位通過、準優を2着でクリアすると、優勝戦でもチルトをプラス0・5度に跳ね上げて6コースから戦い、3着に食い込んで表彰台に乗った。この結果で今大会の出場権を得た。8月に地元・大村で開催されるSGメモリアルにも選ばれた。2度目のSGでも期待は大きい。

 片岡は昨年11月のチャレンジカップ(芦屋)でSG初優出、4着になった。土屋は昨年7月のオーシャンカップ(若松)でSG初優出(3着)で、それ以来のSG出場になる。

 残る3人は木下翔太(大阪)、羽野直也、仲谷颯仁(ともに福岡)だ。3人とも17年のグランプリシリーズでSG初出場、昨年は羽野が6回、仲谷が5回、木下が4回SGに出場して常連になりつつあるが、グランドチャンピオンは初めて。木下は今年初のSGに燃える。仲谷は5月のオールスター(福岡)で初めてSGの予選を突破した。羽野はオールスターでエース機を手にしたが、成績が伴わなかった。巻き返しを狙う。(正永 岳宏)

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請