【ヤクルト】4年目広岡、今季42打席目で初安打 50打席ぶり「H」マーク

8回無死、左前安打を放った代打・広岡大志
8回無死、左前安打を放った代打・広岡大志

◆日本生命セ・パ交流戦 西武―ヤクルト(14日・メットライフドーム)

 ヤクルト・広岡大志内野手(22)に今季42打席目で初安打が飛び出した。

 場面は10点ビハインドながら8回に先頭で代打で登場。大敗ムードの右翼スタンドが異様に盛り上がる中、高橋光に2ストライクと追い込まれながら、左前へ運ぶと、塁上でホッとしたような表情を見せた。広岡は13日まで開幕41打席連続無安打。2リーグ制後の野手ワーストとなる69年浜村健史(西鉄)の41打席に並んでいた。

 昨年9月13日の巨人戦(東京ドーム)で左前安打を放ってから8打席無安打で閉幕していたため、実に50打席ぶりの安打となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請