【楽天】茂木の今季2本目の先頭打者弾を放つなど、初回に3発で5得点

1回無死、先頭打者本塁打を放ち、ナインとタッチする茂木栄五郎
1回無死、先頭打者本塁打を放ち、ナインとタッチする茂木栄五郎

◆日本生命セ・パ交流戦 楽天―広島(14日・楽天生命パーク)

 楽天が、いきなりの一発攻勢で初回に大量5点を挙げた。まず、茂木栄五郎内野手(25)が広島の先発・床田から右中間席に先頭打者アーチとなる7号ソロ。無死一、二塁からのブラッシュが中越えに18号3ランを打ち込むと、2死後にはウィーラーが左翼席最前列に12号ソロを放った。

 自身通算8本目の初回先頭打者弾となった茂木は「初回を0点で抑えたので、まずは先制と考えてました。あとにつなぐ意識で打席に入ったのが良かったですね」とコメント。ブラッシュは「茂木のホームランの後、島内、浅村がつないでくれたので気合いが入ったよ。自分も続くことができて良かったね」と笑顔を見せた。

 チームはこの試合まで、8試合連続でノーアーチだったが、今季チーム初となる1イニング3発でド派手に幕をあけた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請