【オリックス】関西対決にロメロの2戦連発8号2ランで先制「しっかりと捉えることができたよ」

初回2死一塁、ロメロは先制の中越え2ラン本塁打を放つ(投手・西)
初回2死一塁、ロメロは先制の中越え2ラン本塁打を放つ(投手・西)

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス―阪神(14日・京セラドーム大阪)

 オリックスのロメロが、阪神との関西ダービーで先制本塁打を放った。初回2死一塁で阪神の先発・西の140キロの直球を振り抜いた。中越えへ大きな放物線を描いた打球は2戦連発の8号2ランとなり、「打球は上がり気味だったけど、しっかりと捉えることができたよ。何とかスタンドまで届いてくれてよかったね」と喜んだ。

 試合前まで6月に入っての10試合で打率3割7分1厘、5本塁打、13打点と絶好調。13日の中日戦ではサヨナラ打を放ち連敗ストップの立役者になった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請