テーブス海、八村塁の背中を追いかけ「NBAに立ちたい」

第1次育成合宿を終えて、取材に応じるテーブス海
第1次育成合宿を終えて、取材に応じるテーブス海

 バスケットボール男子の日本代表育成合宿が14日、都内で行われ、NCAA(全米大学体育協会)1部のノースカロライナ大ウィルミントン校でプレーするテーブス海(20)が参加した。将来の代表入りが有望視されている期待の大型ポイントガードは、W杯(8~9月)、さらに20年東京五輪へ「出たいと思っている。どんどんチームに絡めていけたら。自分のやるべきことをやれば(代表に入れる)自信はある」と意気込んだ。

 同じNCAA1部のゴンザガ大でプレーしていた八村塁(21)が20日(日本時間21日)に日本人初の快挙となるドラフト指名を受けてのNBA入りが濃厚となっていることには「一言、すごい」。八村の存在は大きな刺激になっており「(八村さんは)日本ではもちろん有名だけど、本当に米国でも有名。同じ日本人として誇りだし、応援したい。自分にとってもNBAはあこがれ。今までは遠いところ(の舞台)だと思っていたけど、今はそこに立ちたいと思う」と夢を語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請