川井友香子が世界選手権王手 姉妹五輪へ姉・梨紗子を「サポートしたい」

女子62キロ級フリースタイル準決勝第1ピリオドを終え、セコンドの姉・川井梨紗子(右)から声をかけられる妹の友香子
女子62キロ級フリースタイル準決勝第1ピリオドを終え、セコンドの姉・川井梨紗子(右)から声をかけられる妹の友香子

◆レスリング 全日本選抜選手権 第2日(14日、駒沢体育館)

 女子62キロ級準決勝は世界選手権銀メダリストで全日本女王の川井友香子(21)=至学館大=が栄希和(25)=ジェイテクト=を4―0で破り、15日の決勝に進出。世界選手権代表に王手をかけた。

 リオ五輪63キロ級金メダリストで今大会57キロ級で伊調馨(35)=ALSOK=と争う姉の梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=がセコンドにつき「心強かった。『たくさん練習してきたのは友香子だから、思い切ってやっておいで』と言ってもらった」。ただ、内容については「今日の2試合は足が動かなかった。緊張しすぎて、1試合でパンパンだった」と反省した。

 優勝なら3位以内で東京五輪代表が決まる9月の世界選手権(14~22日、カザフスタン)切符を手にする。「明日は自分が優勝して世界選手権を決めて、梨紗子があさっての試合につなげられるようにサポートしたい」。姉妹そろっての五輪出場へ、姉に勝利のエールを送る。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請