前回女王の伊藤美誠、初戦で中国選手に敗れる ジャパンOP

女子シングルス1回戦で敗れた伊藤美誠
女子シングルス1回戦で敗れた伊藤美誠

◆卓球ワールドツアー ジャパンオープン荻村杯 第3日(14日、札幌市・北海道立総合体育センター)

 女子シングルス1回戦で、世界ランク7位の伊藤美誠(18)=スターツ=は同56位の顧玉テイ(中国)に2―4で敗れ、大会2連覇を逃した。

 伊藤は第1ゲームを11―7で先取したが、第2ゲーム以降は競った展開で3ゲームを奪われた。それでも、第5ゲームは12―14で粘り勝つ意地を見せたが、最終ゲームは10―9で先にゲームポイントを握りながら、最後は不運なネットイン。悔しい初戦敗退となった。

 顧玉テイは昨年7月に世界ランク11位を記録した中国の強豪選手1人。これまでの対戦成績は伊藤が2勝3敗で負け越していたが、ジュニアでは2戦負けなしだった。

 伊藤は中国OPで4強、香港OPでは準優勝。安定した成績を残し、ツアー3連戦の最後となる今大会に向け「どの大会もまずは目の前の一戦をやりきる、勝ちきるという目標で戦っている。今回のジャパンOPもしっかり(相手の)対策をして、まずは目の前の一戦一戦に自分のプレーをすることが目標」と意気込みを語っていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請