SHEILA、くも膜下出血で緊急手術 意識あり経過良好「しばらくは療養専念」

SHEILA
SHEILA

 タレントのSHEILA(シェイラ、46)が、くも膜下出血で緊急手術を受けたことが14日、明らかになった。術後の経過は良好で意識はあるという。

 所属事務所のホリプロが報道各社に書面を送付し、SHEILAが5月31日の昼頃、食事中に体調を崩し、都内病院に緊急搬送されたことを報告。病院で診断を受けたところ、くも膜下出血であることが判明し、緊急手術を行ったという。

 搬送から手術まで速やかに運んだことが幸いし、術後の経過は良好で意識もある状態。コミュケーションも取れていて、現在は回復に向けてリハビリを開始しているという。

 同事務所では「しばらくは療養に専念し、体調と相談しながら仕事に復帰する予定です」とし、「応援してくださっている皆様、ならびに関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、今後ともSHEILAを何卒よろしくお願い申し上げます」と結んだ。

 SHEILAは日本人の父とキューバ人の母を持つハーフで、キューバ生まれの日本育ち。小学6年時はキューバの現地校に通っていた経験もあり、スペイン語と日本語、英語を操る。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請