エンゼルス大谷のサイクル安打はデストラーデパワー? 試合前に激励「ガンバッテネー!」

元西武のデストラーデ氏(右)と握手をする大谷
元西武のデストラーデ氏(右)と握手をする大谷

 ◆レイズ3―5エンゼルス(13日、タンパベイ・トロピカーナフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が13日(日本時間14日)、敵地でのレイズ戦で日本人メジャーリーガーでは初となるサイクル安打を達成した。大谷にとっては日本時代も含めて自身初。メジャー通算326度目で、エンゼルスでは2013年のトラウト以来7人目(8度目)の偉業だ。

 試合前には、1990年に49本塁打を放つなどかつて西武で活躍し、現在はレイズの解説者を務めるオレステス・デストラーデ氏(57)とも談笑。昨年に続く対面で、かつて日本を沸かせた流暢な日本語は健在とあって、大谷は最後に「ガンバッテネー!」と激励を受けていた。偉業達成の裏にはデストラーデパワーがあった!?

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請