行方不明「KANA-BOON」飯田祐馬の元不倫相手・清水富美加のツイートが「意味深」と反響「悲しいお知らせも…」

法名「千眼美子」こと清水富美加
法名「千眼美子」こと清水富美加

 4人組ロックバンド「KANA-BOON」のベース担当の飯田祐馬(28)が音信不通で捜索願を提出した問題で、17年に飯田との不倫交際が明らかになった法名「千眼美子」こと女優の清水富美加(24)の8日付のツイッター投稿が「意味深」としてネット上で話題となっている。

 清水は8日に「悲しいお知らせも悲しいとか残念とか思いすぎない 本当はもう少し時を共にしてみたかったとしても優しかった瞬間や事実がはっきりとくっきりとしてグリーンフラッシュみたい」とツイート。「悲しいお知らせ」について具体的には記されておらず、フォロワーからは「なんかあったっけ?」「何事?」などのリプライが寄せられていた。

 そんな中、13日に「KANA-BOON」の公式サイトで15日のライブ中止が発表され、「6月5日(水)より、飯田祐馬と連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております。すでに、ご家族より警察へは捜索願を提出しております」と飯田の行方不明が判明。

 これを受け、ネット上では「行方不明KANA-BOON飯田と不倫してた千眼美子さんが意味深ツイートしてたんだが…」「千眼美子のツイートは何か関係あるの?」「清水富美加(千眼美子)の5日前のツイートがなんか知ってそうで怖い(笑)」「千眼美子のツイート、フラグになってなきゃいいけど」などの声が上がっている。

 飯田は17年2月、宗教法人「幸福の科学」に出家した清水とかつて不倫交際していたことが明らかになり、公式サイトで「清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実」などと謝罪した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請