フジ三田友梨佳アナ、池袋暴走死傷事故の飯塚元院長の新たな供述に「これまで事故の原因を車のせいにしていた。遅すぎる気がする」

フジ三田アナ
フジ三田アナ

 13日放送のフジテレビ系「Live News α」(月~木曜・後11時40分、金曜・深夜0時10分)で東京・池袋で4月、乗用車が暴走して母子が死亡、10人が重軽傷を負った事故で、警視庁は13日、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)を現場に立ち会わせて実況見分したことを報じた。

 番組では飯塚元院長は事故当初、「アクセルが戻らなくなった」などと話していたが「縁石と衝突した以降、パニック状態となり、アクセルとブレーキ踏み間違えた可能性も考えられる」と供述したと報じた。

 この新たな供述にキャスターのフジテレビ・三田友梨佳アナウンサーは「飯塚元院長は、これまで事故の原因を車のせいにしてましたが、現場検証を終えてアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性も考えられると供述しています」とした上で「事故が起きてからおよそ2か月、遅すぎる気がしてしまいます。残されたご遺族はこの間、どんなお気持ちで過ごしてきたのでしょうか。事故を起こした飯塚元院長にはご遺族に対して誠意ある対応が求められます」とコメントしていた。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請