純烈、現在のギャラを酒井一圭が明かす「1~2年目は1年で2万5000円…」売れておひねり減った

純烈の(左から)酒井一圭、白川裕二郎、後上翔太、小田井涼平
純烈の(左から)酒井一圭、白川裕二郎、後上翔太、小田井涼平

 歌謡コーラスグループ「純烈」の4人が13日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」(木曜・後10時)に出演し、芸能界では秘密にされることが多い収入を明らかにした。

 「人気グループの気になるギャラ事情」というコーナー名が紹介されたあと、司会のダウンタウン・浜田雅功が「純烈はどういう配分になっているんですか?」と質問。リーダーの酒井一圭は「2~3年前から給料制になって安定するようになって、おひねり(客が紙に包んで手渡すお金)は全員で均等に分けるっていう…」と説明を始め、さらに「今どのくらいなんですか?給料」と聞かれると「今、ぼく43歳なんですけど、先月やっと年齢を超えて44万になりました」とあっさり明かした。

 酒井は「1~2年目は1年間の給料が2万5000円とかだったんですよ」と、無名時代のギャラまで公表してスタジオ内を驚かせ、「仕事をしてなかったというか、歌う場所もなかった。それで、お客さんが貧しさに気づいて、そのころの方が(今より)おひねりはもらえました」と振り返った。売れっ子になってからは、おひねりが減り続けたという。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請