他人の飼い猫盗んで虐待死「50匹殺した」…被害男性「家族のような存在。許せない」

 他人の飼い猫を盗んだとして、富山県警射水(いみず)署は13日、窃盗の疑いで富山市の無職・新村健治容疑者(52)を逮捕した。新村容疑者は盗んだ猫を虐待して死なせたと供述しており、同署は動物愛護法違反などの疑いでも調べている。

 逮捕容疑は5月19日午後1時半ごろ、射水市内の路上で、近くの男性が飼っていた猫1匹を盗んだ疑い。近所の住民が、新村容疑者が餌で猫をおびき寄せ、車に乗せて連れ去る様子を目撃していた。新村容疑者は「盗んで自分の車に乗せた」と、容疑を認めている。

 同署によると、新村容疑者は「猫は死んだので、自宅近所の用水路に捨てた」と供述。また、「1年以上前から十数匹盗んだ」とも話しており、他にも複数の猫を盗んで死なせたとみられる。逮捕前の家宅捜索では、猫や他の動物は見つからなかった。用水路でも猫の死骸は発見されていない。

 新村容疑者は盗んで自宅に連れて来た猫をケージに閉じ込めて、十分な餌をあげていなかった。また、園芸用の金属製の棒でつついたり叩くなどして虐待していたところ、「猫が死んでいた」と話しているという。

 被害に遭った猫の飼い主の男性は、猫が盗まれた当日に被害届を出したが、自らも飼い猫を探していた過程で新村容疑者と今月に入って面会。その際、新村容疑者は「50匹殺した」「お湯をかけた」などと話しており、猫への虐待を日常的に行っていた可能性もある。また、虐待の理由については、「一人暮らしで寂しく、ストレス発散のためにやってしまった」と説明したという。男性は「猫は家族のような存在だったので許せない。他の虐待被害も明らかにしてほしい」とした。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請