【巨人】阿部、記録更新の230人斬り3号&通算350二塁打

5回、阿部〈10〉の2ランに盛り上がる巨人ベンチのナイン(左2人目から亀井、陽、坂本勇、岡本、山本、大城)
5回、阿部〈10〉の2ランに盛り上がる巨人ベンチのナイン(左2人目から亀井、陽、坂本勇、岡本、山本、大城)
5回2死二塁、阿部が右翼ポール際へ3号2ランを放つ(投手は小川=カメラ・生澤 英里香)
5回2死二塁、阿部が右翼ポール際へ3号2ランを放つ(投手は小川=カメラ・生澤 英里香)

◆日本生命セ・パ交流戦 西武2―8巨人(13日・メットライフドーム)

 振り抜いたバットを右手に高々と掲げながら、阿部は首をかしげるように打球の行方を追った。右翼ポール際のファウル席へ切れると思われたボールが、スライスしながら右翼席へ飛び込んだ。「狙い球を絞って、甘く来た球を打つだけだった」。4点リードの5回2死二塁から、小川の外角スライダーをバットに乗せた。今季3号2ラン。9日のロッテ戦(東京D)で最多奪本塁打投手記録の歴代単独トップに立ったばかりだが、記録更新の230人斬りとなった。

 吸い寄せられるような技ありのホームランに、スタンドがどよめいた。本人は「打った瞬間はファウルと思った。風かな? 球場の空調かな?」と笑っていたが、近年磨きをかけてきた技術があったからこその一発だ。「松井(秀喜)さんって、ボールの内側をたたくようにしてスピンをかけていた。そうすればポール際の打球も切れない」。バットとボールがぶつかる瞬間、左腰をひねるように内側に入れる形を練習してきた。

 見せ場はこれで終わりじゃなかった。6点リードの7回1死一塁。粟津の外角変化球を打ち返し、左中間を破った。史上42人目で、巨人では王(422)、長嶋(418)、川上(408)に続き4人目となる通算350二塁打。2000安打の52人より少ないことを考えれば、こちらもかなりの難易度だ。さらに1000得点(残り14)の大台も見えてきたが、「(交流戦で)とにかく全チームに勝ち越せるように、みんなで一丸になってやっていく」と阿部。背番号10は、勝利につながる一打だけを求めている。(尾形 圭亮)

試合詳細
5回、阿部〈10〉の2ランに盛り上がる巨人ベンチのナイン(左2人目から亀井、陽、坂本勇、岡本、山本、大城)
5回2死二塁、阿部が右翼ポール際へ3号2ランを放つ(投手は小川=カメラ・生澤 英里香)
すべての写真を見る 2枚

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請