【久保建英 世界へ】ブラジル地元紙が注目「日本のメッシ」

日本とカタールの特集を組んだ地元紙「ランス」
日本とカタールの特集を組んだ地元紙「ランス」

 森保ジャパンなめられた!? 日本代表が初戦(17日、日本時間18日)で対戦するチリ代表のレイナルド・ルエダ監督(62)が12日、ブラジル・サンパウロ郊外イトゥでの合宿中、日本戦のスタメンを突如発表。重要な国際大会の試合5日前のメンバー公表は極めて異例で、格下相手の余裕の表れか。バルセロナと再交渉を行うMF久保建英(18)=F東京=は、復帰が決まれば同僚となるMFビダル(32)とのマッチアップが実現する可能性が浮上した。日本代表はこの日、当地入り。スポーツ報知は「久保建英 世界へ」と題し、18歳に密着する。

 * * * *

 日本代表は12日(日本時間13日早朝)、ブラジル・サンパウロの空港に到着した。MF久保建英らチームは地元警察のバイクに先導されたバスで移動し、同市内の滞在ホテルに移動した。バスから降りた久保は、先頭で歩くなど成田空港出発から30時間を超える長距離移動にも疲れた様子はなく、森保一監督(50)は笑顔も見せた。

 地元テレビ局も当地入りを報じるなど20年ぶりに参加した日本への関心は高い。地元紙「ランス」は招待国の日本とカタールを特集。「W杯経験者としてチームを引っ張る」とFW岡崎の写真を大きく掲載し、注目選手には「日本のメッシ」と表現した久保を挙げた。13日(同14日)から当地で練習を行う。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請