西野、岡田、佐々木の3氏をサッカー殿堂に掲額…サッカー協会が承認

日本サッカー殿堂に掲額された(左から)西野朗、佐々木則夫、岡田武史
日本サッカー殿堂に掲額された(左から)西野朗、佐々木則夫、岡田武史

 日本サッカー協会は13日、都内のJFAハウスで理事会を開き、西野朗(64)、岡田武史(62)、佐々木則夫(61)の3氏を日本サッカー殿堂に掲額することを承認した。

 西野氏は96年アトランタ五輪代表監督としてブラジルを1―0で破る「マイアミの奇跡」を起こし、大会3か月前に監督就任した昨夏のロシアW杯では16強進出。岡田氏は日本代表監督として、98年フランスW杯初出場、10年南アW杯では16強に導いた。佐々木氏はなでしこジャパンの監督として、11年ドイツW杯で初優勝、12年ロンドン五輪で銀メダル、15年カナダW杯で準優勝に導いた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請