【オリックス】3度目のサヨナラ勝ちで連敗ストップ、西村監督「みんな最後まで諦めない気持ちでやってくれた」

9回2死二、三塁、サヨナラ左前適時打を放ったロメロ
9回2死二、三塁、サヨナラ左前適時打を放ったロメロ

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス6x―5中日(13日・京セラドーム大阪)

 オリックスは今季3度目のサヨナラ勝ちで連敗を3で止めた。2点を追う9回に中日の守護神・Rマルティネスを攻め、1死満塁で西野が押し出し四球を選ぶと、吉田正の二ゴロで同点とした。さらに2死二、三塁でロメロが左前サヨナラ打を放った。ヒーローは「向こうの救援も連投で疲れていると思っていた。そこまでの打者がつないでくれると待っていて、何とかサヨナラ打を打てたよ」と笑顔を見せた。

 6回まで打線が1安打に抑えられ、プロ初先発のドラフト3位・荒西を援護できなかったが、7回に3点を先取されてから火が付いた。直後にロメロの7号右越えソロなどで3点を取り返した。9回も2点を勝ち越された直後のサヨナラ劇で、西村監督は「みんな最後まで諦めない気持ちでやってくれた。明日からが一番大事。乗っていかないといけない」と称賛した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請