ハイヒール・モモコ、難病「メニエール病」の経験を告白「ぐでんぐでんで歩かれへん」

ハイヒール・モモコ
ハイヒール・モモコ

 お笑いコンビ「ハイヒール」のモモコ(55)が13日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜・後9時)に出演し、難病の「メニエール病」に悩まされた経験を語った。

 メニエール病は「キーン」と言う耳鳴り、立てないほどのめまい、激しい嘔吐(おうと)の3つの症状が特徴の病気。モモコは35年前、コンビ結成から2年後の20歳のとき、収録本番前の楽屋でめまいに襲われたのが最初だった。

 疲れているだけかと思ったが、直後にまた「揺れてる、揺れてる。地震って感じ。ぐでんぐでんで、歩かれへん」という感覚に見舞われた。症状は帰宅後さらに悪化し、今度は耳鳴りが起きた。さらに「船酔い(のような感じで)、揺れてる、揺れてるってなって吐きそうになる」と吐き気にも襲われ、「地獄やな」と感じたそうだ。

 病院で診断を受けたが、当時ははっきりとした治療法が分からず、点滴を7年ほど続けて症状はいったん治まったが、38歳のときに再発。自宅で幼い子供にミルクあげようとしたときにめまいを感じ、就寝前には耳なりに襲われた。さらに車を運転中に発症して急ブレーキをかけ、乗っていた息子にけがをさせてしまったこともあったという。

 メニエール病はストレスなどが原因で、耳穴の奥の内耳のリンパ液が過剰に増えるのが原因で、水分の補給や有酸素運動により症状は鎮まるとされる。現在のモモコは、特に症状がないそうだ。

 ちなみにメニエール病は、これまで八代亜紀、増田恵子、相田翔子らも発症したことがニュースになっている。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請