【巨人】古巣から3号の炭谷「追加点欲しいと思ってうまく打てました」

スタンドの声援に手を振る炭谷銀仁朗
スタンドの声援に手を振る炭谷銀仁朗

◆日本生命セ・パ交流戦 西武2―8巨人(13日・メットライフドーム)

 巨人が、桜井の7回1失点の好投と初回の丸の先制打、4回に炭谷が古巣から初本塁打となる3号3ラン、さらに阿部が5回に3号2ラン、7回には史上42人目となる350二塁打を放ち大量8点。交流戦3カード連続勝ち越しを決めた。

 以下、炭谷のヒーローインタビュー

 ―3ランを振り返って

 「2アウトからだったので、何とか追加点欲しいと思ってうまく打てました。うれしかったです」

 ―リード面では

 「桜井が非常にきっちり投げてくれて、リードしてる方としても楽でしたし、ナイスピッチングだったと思います。絶対勝ち越されないようにと思ってやってました。ライオンズを相手にして、良いところを見せられて良かったと思います」

 ―交流戦について

 「毎年、交流戦の結果がシーズンでも勢いついたり、失速したりというのがあるので、何とか今年は交流戦でもちろん優勝目指して、勢いつけてシーズンに戻れるよう、また明日からも1試合1試合頑張りたいと思います」

 ―ファンに向けて

 「まだ交流戦半分あるので、もっと勝てるように頑張りたいと思います」

試合詳細

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請