【日本ハム】吉田輝星 白星デビューから一夜明け祝福100件

プロ初勝利から一夜明けセーブを挙げた石川直也(右)とふざける吉田輝星
プロ初勝利から一夜明けセーブを挙げた石川直也(右)とふざける吉田輝星

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が、初登板初勝利を挙げた12日の広島戦(札幌D)から一夜明けた13日、反響の大きさを語った。

 デビュー戦でセ3連覇中の広島打線を相手に5回4安打1失点と好投。試合後には100件ほどの祝福メッセージが届いたといい、「高校のチームメートだったりとか、いままでお世話になった人からメッセージをいただきました」とうれしそうに振り返った。登板間隔を空けるため、この日出場選手登録を抹消されたが、今後も1軍に帯同しながら次回登板へと調整を進めていく。

 注目ルーキーの初登板とあって、ほかの投手陣にはいつもとは違ったプレッシャーがかかっていた様子。練習開始前には前夜の試合を締めた石川直から「お前の試合の最後は緊張する」と言われたといい、「勝てたのはチョクさん(石川直)のおかげですと言いました」。すっかり1軍の雰囲気にはなじんだ様子だった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請