香取慎吾、試写会にサプライズ登場。酒のケースに乗って映画をPR

市場関係者と談笑する白石和彌監督(右)と香取慎吾
市場関係者と談笑する白石和彌監督(右)と香取慎吾

 俳優の香取慎吾(42)が13日、宮城・塩釜水産物仲卸市場で行われた映画「凪待ち」(28日公開、白石和彌監督)の完成報告試写会にサプライズ登場。新人さながらに酒のケースで作った即席のステージで舞台あいさつを行った。

 人生のどん底に落ちた主人公によるヒューマンサスペンス。「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」「孤狼の血」など過激な暴力描写に定評のある白石監督だけに「最初は人間ドラマだと聞いていたのに毎日、けっとばされ、ぶっ飛ばされて血が出るような撮影だった」と香取。一方の白石監督は「僕の作品では一番、優しい映画」と涼しい顔で笑わせた。

 白石監督は俳優としての香取の印象について「日本のトップアイドルですけど、その印象と同じくらい日本のトップ俳優だということが、まざまざと見せつけられた。映画のあらゆることを感覚で分かっていらっしゃる。心強かった」と絶賛。今後についても「またチャンスがあればお願いしたい。今回は笑っている顔がほぼないので、次は笑顔満載の香取さんを撮りたい」と構想を明かした。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請