馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 函館

今年も名古屋に注目です(栗東)

 こんにちは、山本です。今週は最近、ちょっと多くなってきた木曜日からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、先週末の更新分で書いた後輩クンの結婚祝福パーティーでのこと。そういう会になかなか参加できないワタクシにとって、数年ぶりに会うという方もチラホラいます。その中である友人の奥さん、さらには遠くで病院に勤めていた後輩と再会したんですが、この二人にはある「共通項」が。それはワタクシの自宅近くで活動しているということなんです。友人の奥さんに「その辺り、訪問(介護)で回ってる場所ですよ」と言われれば、後輩には「最近、そのあたりに引っ越したんですよ」と言われる始末。聞けば、ワタクシの家から徒歩で5分もかからない場所。しかも、彼が駅へ向かう通勤路沿いに我が自宅があったりする…。

 いやね、何もやましいことはありませんよ。ただ、やっぱり近くに知り合いがいるというのは、周囲の目を一段と気にしてしまうモノです。例えば、外で洗濯物を干している姿なんかを目撃された時には、実に恥ずかしいというか、格好悪い。単なる友人の女性なんかと歩いていたとしても、妙な勘違いをされやすかったりもする。基本、色々なことを気にしがちなタイプなんですよ、意外に。ということで、当面は静かでつつましい生活に徹しようと思っております。

 そんな時期は仕事しかありません。と、固く心に誓いつつ、そろそろ本題へ。今日も栗東からナマ情報を中心にお伝えしていきましょう。

 まずは最近の入厩馬から。矢作厩舎には祖母、曽祖母に重賞勝ち馬を持つ【レイドバックライフ(牝、父ディープインパクト、母アルーリングライフ)】が入ってきました。函館には美浦の坂本記者が期待していた藤原英厩舎の【ストーンリッジ(牡、父ディープインパクト、母クロウキャニオン)】も入っているようです。この母系はホント、確実にいい馬を出しますからね。この時期に入厩しているのは心強い。

 角居厩舎にはトーセンブレスなどの全弟になる【ブルーミングスカイ(牡、父ディープインパクト、母ブルーミングバー)】が戻ってきました。こちらは中京2週目、芝2000メートルをMデムーロJで予定しているようです。「まだ子供っぽい面があるので、この距離で競馬を覚えさせていきたい。体はすごく柔らかくて、ディープっぽい面は感じますね」と辻野助手。調教でもまだ真剣に走ったことがないようで、これから徐々に負荷をかけていって、どれだけ伸びてくるのか、といったところでしょうか。ちなみに、本日のゲート試験では半兄にベルモントS勝ち馬などを持つ【アイアンバローズ(牡、父オルフェーヴル、母パレスルーマー)】が合格しました。今後は調教していくか、一度放牧に出すかは未定ですが、「まだトモに弱い面はありますが、スラッとした体形で、長距離が合っていると思います」と辻野助手は話していました。

 そうそう、中京の2週目、芝2000メートルといえば、友道厩舎の【マイラプソディ(牡、父ハーツクライ、母テディーズプロミス)】が武豊Jで初陣を予定しているレースでもあります。今日は中京開幕週の芝マイルを予定している【ラインベック(牡、父ディープインパクト、母アパパネ)】とシュヴァルグランを追いかけるような3頭併せを消化。「2頭とも、初めて(のしっかりとした追い切り)にしてはよかったんじゃないかな」と友道調教師が話すように、雰囲気はすごくよかったですね。

 その後の投票所前では大江助手に少し追加取材。どちらも、感触はよかったです。マイラプソディに関しては、「体がまだ緩いんですが、気持ちの強さが体のさばきにいい影響を与えている感じです。うまく持っていけば切れも出てくると思います」とのこと。また、筋金入りの血統馬、ラインベックに関しても「長く脚を使えるイメージですね。マイルからですけど、先々は距離を延ばしていけると思いますよ」と当たり前ですが、クラシック路線を見据えている一頭のようです。

 最後に杉山厩舎。お母さんに小倉2歳S勝ち馬を持つ【グレースオブナイル(牝、父タートルボウル、母ジュエルオブナイル)】が中京開幕週、牝馬限定の芝マイルを松若Jで予定しています。「センスを感じさせる走りで、いかにも芝向きという感じ。牝馬らしいピリッとしたところはありますけどね」と杉山調教師への取材の感触は上々。血統的には地味な感じですが、侮れない一頭かもしれません。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請