松本白鸚、今秋「ラ・マンチャの男」主演。演じて半世紀。「喜寿になろうと先しか見ない。まっさらの気持ちで」決意新た

製作発表に出席した(左から)松本白鸚、瀬奈じゅん
製作発表に出席した(左から)松本白鸚、瀬奈じゅん

 歌舞伎俳優の松本白鸚(76)が13日、都内で東京・帝国劇場10月公演のミュージカル「ラ・マンチャの男」(4~27日)の製作発表に出席した。

 1969年の初演から50年。名作の4年ぶりの再演で公演中に1300回の節目を迎える。昭和から平成、市川染五郎から松本幸四郎と名前が変わる中で演じ続けてきたが、令和に変わり「白鸚」として帝劇に登場する。

 「50年も続いたのは奇跡に近い。幸四郎から白鸚と名前が変わったので、真新しい、まっさらな気持ち。東宝からの襲名(披露)だと受け止めている」と感慨深げに話した。

 8月19日に喜寿を迎え、ポスターには「クライマックス」の文字が。白鸚は「(作品を)閉めろ、と思われるかもしれませんが、閉めません! クライマックスは宣伝が付けたもの。ずっと続くし、先しか見ていません」と決意を新たにしていた。

 同作はスペインの詩人セルバンテスと小説の主人公であるドン・キホーテを重ね合わせ、不屈の精神で理想を求めて生きようとする姿を描くもの。哲学的な内容でも知られる異色のミュージカル。

 ドン・キホーテに慕われるアルドンザ役には、元宝塚月組トップの瀬奈じゅんが演じる。故・上月晃さん、浜木綿子、鳳蘭ら宝塚出身の大物女優、次女の松たか子が演じたこともある。上條恒彦、駒田一、宮川浩、松原凛子らが共演する。大阪・フェスティバルホール(9月7~12日)などでも上演される。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請