名手・正木さん絶賛!「濁りオカラ」で仕留めたチヌ52センチ…三重・磯部町三ケ所

52センチの大型チヌを仕留めて笑顔の正木さん
52センチの大型チヌを仕留めて笑顔の正木さん

 大物を仕留める感動は、釣りのだいご味の一つだ。チヌ・カカリ釣りの第一人者、正木義則さん(報知APG)が2日、三重・磯部町三ケ所のカセに釣行。マルキユーの新製品「濁りオカラ」を配合したダンゴを駆使して、見事に52センチの年なし(50センチ以上の大型チヌ)を釣り上げた。

 名手の右腕が、長い静寂を打ち破った。とっさに突き上げた竿が、大きな弧を描く。手元に伝わる重たい引き。「チヌや。でかい!」。雨が降りしきる午後3時前、ついに大物が姿を現した。

 カキや真珠の養殖が盛んな的矢湾。この磯部町三ケ所は、細長い湾の中ほどにあり、風光明媚(めいび)なリアス式海岸に囲まれている。カセの真下で水深10メートル弱。浅い割りには潮流があり、二枚潮も珍しくはない。

 午前5時半に開始。まずはボケを餌にして広角に探ったが、1時間ほど続けても本命からの魚信はなし。ダンゴを打ってポイントを作ることにした。配合は「ニュー赤だんごチヌ」6キロをベースに「コーンダンゴチヌ」と「荒びきさなぎ(徳用)」、そして新製品の「濁りオカラ」(すべてマルキユー)を半袋ずつ混合。正木さんは「名前の通り、この『濁りオカラ』の濁りは強烈。広範囲に拡散してチヌにアピールする。これからは、においより濁り!」と、注目のニューアイテムを絶賛している。

 ソフトボール大のダンゴを足元に5個、投入。その直後だ。潮下を探っていた正木さんが、ふいに潮上にボケを投じた。ツンツンと震えた穂先がグッと押さえ込まれた。「アタリの前のアタリを感じた。勘やね」。この日の最初の本命は40センチ、きれいな良型だった。

 午前11時に60センチの大型マダイを追加。しかし、本命からのアタリはないまま。遠近、潮上、潮下、底だけでなく中層から立体的に探っても不発。もうダメか…という雰囲気が漂う夕方前、とうとう大型チヌを仕留めたのだ。

 「餌はボケ。遠くから徐々に手前を狙っていると餌が取られた。チヌとの間合いを詰めていった」。サムライと呼ばれる名手の勘と技術に加えて、やはり間断なく打ち続けたダンゴ餌の集魚力が、大物ゲットを導いたのは間違いない。

 雨脚が強まる中、直後に納竿。年なしと出合った興奮が冷めないまま、港に戻った。大型チヌの実績が高い磯部町三ケ所で、あなたもぜひ新製品の威力を実感してほしい。

 ダンゴ餌を作るときは、まんべんなく両手でしっかりかき混ぜるのが正木流だ。また、ダンゴの“アンコ”を刺し餌に合わせるのも名手のセオリー。例えば、シラサエビを刺し餌に使う場合はダンゴにシラサエビを包み、刺し餌がオキアミならダンゴにもオキアミを入れる。この日、メーンに使った刺し餌はボケ。正木さんはダンゴにオキアミを含ませていた。

メモ ◇問い合わせ 「フィッシングセンター マンボウ」(TEL0599・57・3737)へ。

 ◇交通 伊勢自動車道から伊勢二見鳥羽ラインを経て第二伊勢道の鳥羽南・白木ICで降り、国道167号を磯部町方面へ約20分。

 ◇料金 渡船代1人3500円。

 ◇時間 現在は午前6時~午後5時。季節によって変わるので要確認。

 ◇その他 良型チヌの他、35センチを超えるサンマ級サヨリやアジなどが現在、好活性。専門に狙うと楽しめる。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請