小倉智昭氏、同い年・ビートたけしの巨額離婚に「全部渡したとしても、たけしさんには才能という財産がある」

ビートたけし
ビートたけし

 13日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、タレントのビートたけし(72)が妻の幹子さん(68)と離婚したことについて冒頭で特集した。

 小倉智昭キャスター(72)はまず「大きな芸能ニュースが入ってきました」と話し出すと、「数百億円払ってとも言われていますが、幹子さんとはずっと別居していて。でも、40年近く連れ添っていて…」と続けた。

 一部では200億円とも言われる財産分与について、小倉氏は「たけしさんは映画も相当撮っていて。映画はお金がかかるじゃないですか。それでも、これだけ残っているのはすごい」と感心しきり。「全部、(幹子さんに)渡したとしても、たけしさんには才能という財産があるから。これから、いくらでも稼ぐでしょ」と話していた。

 たけしは昨年3月、所属事務所「オフィス北野」から独立。「愛人」と報じられた女性・Aさんと新会社「T.Nゴン」を設立した。今年1月に一部で離婚調停が報じられたたが、自身のテレビ番組で「もう調停なんか終わっているよ。バカヤロウ! 後はハンコを押すだけだ、こっちは」と話していた。

 たけしは、元漫才師の幹子さんと1980年に結婚。一男一女に恵まれた。その後、たびたび女性問題が報じられたが、40年間に渡り連れ添ってきた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請