【楽天】則本「順調です」…右肘手術後初めて1軍に志願“合流”試合前にブルペン投球

1軍練習で順調な回復ぶりをアピールした楽天・則本昂(カメラ・越川 亘)
1軍練習で順調な回復ぶりをアピールした楽天・則本昂(カメラ・越川 亘)

 楽天の則本昂大投手(28)が12日、ヤクルト2回戦(楽天生命パーク)の試合前の練習に参加し、ブルペン入り。捕手を座らせ50球を投げ込んだ。3月11日に右肘のクリーニング手術を受け、術後は2軍の施設でリハビリを行ってきた。1軍の練習に“合流”したのは、手術後初めて。石井一久ゼネラルマネジャー(GM、45)は、早ければ25日前後に2軍戦で登板させる方針を示した。

 明るい表情が、状態の良さを物語っていた。練習後、クラブハウスへ向かう階段の下で報道陣に囲まれた則本昂は、いたずらっぽく笑った。「練習生なんで」。その一言で取材をかわそうとしたが、立ち止まって白い歯を見せた。「順調ですよ」。元気に言い残し、勢いよく階段を駆け上がった。

 1軍の全体練習に参加したのは、右肘のクリーニング手術後初めて。キャッチボールや遠投などで汗を流すと、そのままブルペンへ。石井GMや平石洋介監督(39)らが見守る中、捕手を座らせて50球を投げ込んだ。

 受けた伊志嶺忠ブルペン捕手(33)は「変化球も含めて、全球種を投げた。キャンプの時と遜色ないです」と驚いた様子。伊藤智仁1軍投手コーチ(48)は「決まった時は、すごい球が決まっていた。(プルペンで)見るのはキャンプ以来だけど、その時とあまり印象は変わらない」と語った。

 石井GMは「本人が『緊張感があるところで練習がしたい』と言ってきた。(周囲に)見られていると緊張感がある。それもリハビリの一つ」と、練習参加の経緯を説明した。今後も、1軍で練習を続ける。ただ、本当の意味での1軍合流はまだ先だ。

 石井GMによると、実戦復帰は25日の西武2軍戦(西武第二)となる予定。2軍で3~4試合に登板した後、状態を見て1軍に合流させるという。この日、クラブハウス内で終盤まで試合の行方を見守った右腕は「試合に近い感じで投げました。調子は悪くない」と自信をのぞかせた。順調ならあと1か月。7月中旬にも、則本昂が1軍のマウンドに上がる。(高橋 宏磁)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請