逢田梨香子、謙遜「ビーナスなんて…」声優アーティストとして「唯一無二の存在に」

ソロイベント初開催となった逢田梨香子
ソロイベント初開催となった逢田梨香子

 昨年のNHK紅白歌合戦に企画枠で出場した女性ユニット「Aqours(アクア)」の逢田梨香子(26)が12日、東京・青海のヴィーナスフォート教会広場で初EP盤「Principal」(19日発売)の発売イベントを行った。

 キュートな笑みが魅力で、「声優界最高の美女(ビーナス)」というキャッチーフレーズの持ち主。ヴィーナスフォートに“ビーナス降臨”となったが、「ビーナスなんて、呼んでいただいていいんですか」と謙遜した。

 新レーベル「DMM music/Astro Voice」の第1弾アーティスト。同ユニット初のソロデビューに、逢田は「アーティストデビューできるなんて考えていませんでした。ここで違う環境に飛び込んで、新たな挑戦をして、自分を試そうという気持ちでソロデビューしようと決意しました」と説明。「どのジャンルのお仕事をしていても感じていることですが、ソロデビューできたのは、紛れなくここまで応援して下さっていたファンの方の声があったから」と感謝した。

 逢田はファン400人と交流。「FUTURE LINE」「ORDINARY LOVE」など5曲収録のEP盤のタイトルは「主役」などの意味を持つ「Principal」。命名理由について「ソロとして、これから自分が『主役』でいないといけないと思いました。『Principal』という言葉に憧れ、願望があって付けました」。レコーディングを振り返り、「ひたすら自分との闘い。自分探しの度というか。1つ1つの(曲が)存在感あふれた曲なので、全部聴いてほしいです」と話した。

 ソロとしてスタートラインに立ったばかりだが、可能性は無限に広がっている。「いつか声優アーティストとして、唯一無二の存在になれたら。作詞にも挑戦して、自分の言葉で誰かに気持ちを届けたい。これから活動していく中で、たくさんかなえたい夢を見つけていきたいです」と目を輝かせた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請