【日本ハム】プロ初勝利の吉田輝に栗山監督「本当に新しい風を持って来てくれた」

プロ初登板初勝利を挙げウイニングボールを手にする吉田輝星(左)を祝福する栗山英樹監督
プロ初登板初勝利を挙げウイニングボールを手にする吉田輝星(左)を祝福する栗山英樹監督

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム2―1広島(12日・札幌ドーム)

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が12日、広島戦(札幌ドーム)でプロ初登板初先発となるマウンドに立ち、5回4安打1失点の好投で初勝利を挙げた。84球を投げ、三振は4つ奪った。

 栗山英樹監督(58)は右腕の投球をしみじみと振り返った。「大観衆のみんなが(勝利を)願う中で、(結果が)どっちに振れるかってところだと思うけど。良い方に振れられる彼の持っているものをね。もちろんピッチャーとしての部分もそうだけど、そこ(持っているもの)はしっかりしているので。大きなものだなという風に感じました」。右腕が持つ天運の強さを感じた。

 チームも連勝で交流戦の首位に立った。「本当に新しい風を持って来てくれたような感じもするので。またそれを生かさせてもらってしっかりやっていきます」。期待の新星の勢いを借りて、チーム全体として日本一奪還に向かっていく。

試合詳細

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請