菅田将暉、ショートフィルムで監督に初挑戦「5分のつもりで書いたものが…」

監督に初挑戦した菅田将暉(中)と主演の太賀(右)
監督に初挑戦した菅田将暉(中)と主演の太賀(右)

 俳優の菅田将暉(26)が2ndアルバム「LOVE」(7月10日発売)のDVD付き初回限定版に収録されるショートフィルム「クローバー」で初監督に挑戦したことが12日、発表された。12年放送のTBS系「ブラックボード~時代と戦った教師たち~」で出会った盟友・太賀(26)主演で47分の短編作。菅田監督は「5分のつもりで書いたものがいつのまにか50分近い作品になってしまいましたが、もしよろしければ見て下さい」と呼びかけた。

 シンガー・ソングライター、石崎ひゅーい(35)から提供された同名楽曲の詞の世界にインスパイアを受けて菅田監督自ら企画・プロデュースを手掛けた。太賀演じるサラリーマンが友人からブーツをもらったことをきっかけに、身の回りの物の大切さに気付く姿を描く。

 菅田監督は、数年前に石崎から同楽曲を初めて聞いたときを振り返り、「その世界は、まさに自分そのもので、はたまた成りたい自分そのもので、いたく感動したのを覚えています」と回顧。続けて、タイトルにちなみ、四つ葉のクローバーについて調べたようで「彼らは、日があまり当たらない所や人によく踏まれる所に出来るということを知りました。その足りないものを補おうとする姿は、まさに奇跡だなと思いました。そして、その哲学を共有できた仲間たちとの、足りないものを補おうとする日々は僕にとって宝物です。というかそれが全てなんです。そんな誰にも見せる必要のない日々を今のうちに残したい、と制作に取り掛かりました」と、制作意欲につながったという。

 一方、太賀は菅田について「表現者としての変遷は、友人としても勇気付けられるものがあります。出会って10年近く経ちますが、いつの日も変わらず、モノづくりの話で気づいたら朝になります」。切磋琢磨(せっさたくま)し合ってきた仲間だが、監督デビューは「想像もしてませんでした」としたが、「将暉のために、ひゅーい君が書き下ろした『クローバー』は優しく、素朴で、とても彼に似合っている。初めて聴いた時、僕はこの歌をよく知っているような気がしました。そして、なんだか元気がでました。僕にとって、彼は人生の陽だまりです。そんな彼のこの歌が、誰かにとって、ありふれた日常を照らす陽だまりになりますように」と思いを語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請