吉田輝星と1字違いの福岡大・宮田輝星が4安打「先に名前を売られた。いつか対戦したい」

4安打を放った福岡大・宮田輝星
4安打を放った福岡大・宮田輝星

 ◆報知新聞社後援 第68回全日本大学野球選手権第3日 ▽2回戦 城西国際大8―2福岡大(12日・神宮)

 日本ハム・吉田輝星と1字違いで、プロ注目の福岡大・宮田輝星(ほくと)外野手(4年)が、城西国際大(千葉県大学)戦に「1番・中堅」で出場し、内野安打2本を含む5打数4安打と輝いた。

 50メートル5秒7の新星が、敗戦の夜にキラリと光った。「誰よりも輝いてほしい」と願って名付けられたという輝星は、「吉田輝星君と漢字1文字しか違わないので、よく『こうせい』と間違われます。『ほくと』です」と苦笑い。昨夏に右腕がブレークすると、地元・鹿児島の友人から「甲子園で活躍しているね、といじられた」という。

 もともとは右打ちで、俊足を生かすため昨年から両打ちに。初回先頭で一塁に、3回には遊撃に2打席連続内野安打。ロッテ・福沢スカウトは「遊撃手がちょっと待って捕球したところで、左打席から一塁までの半分を越えていた。足は一番、目立っている」とうなった。

 同じ「輝星」の名前に「吉田君まで見たことなかった。先に名前を売られた。守備、走塁は自信がある。(プロで)いつか対戦したい」と宮田。巨人・坂本勇を思わせるイケメンで、「よく言われます。右の打ち方も似ている」。吉田輝が札幌でプロ初登板初白星を飾った夜。坂本勇似の輝星も神宮で光を放った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請