【阪神】藤浪、2軍で157キロ!「普通に投げられている」1軍復帰にメド

ウエスタンリーグのオリックス戦に先発、5回を無失点と好投した藤浪晋太郎
ウエスタンリーグのオリックス戦に先発、5回を無失点と好投した藤浪晋太郎

 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が11日、ウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)に先発。今季3試合目は、無四球で8三振を奪い、5回1安打無失点。最速157キロの圧巻投球で、1軍復帰へカウントダウンに入った。「いい感じというか、普通に投げられている。手応えとしては少しあるかなと思います」。

 セットポジションからバランスを意識して投げ込んだ。初回2死、岡崎から外角低めの157キロ直球で空振り三振を奪うと、2回先頭のT―岡田は154キロ直球で空振り三振。4回は全て変化球で3者連続三振と寄せつけなかった。59球で予定イニングを投げ切り「スライダー系の球を有効に使えた」とうなずいた。

 報告を受けた矢野監督は「(1軍復帰の)メド、見えたでしょ。(登板日を)逆算しながらやっていく形にはできるんじゃないの」と右腕のステップアップを喜んだ。

 次回は18日のウエスタン・広島戦(鳴尾浜)で7回程度投げる予定。復活の日はそう遠くはない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請