【巨人】今村司新社長「SEIKO」5か条の指針「愛されるチームにしたい」

今村司新社長
今村司新社長

 巨人は11日、都内で株主総会と取締役会を開き、今村司球団顧問(59)が球団社長兼編成本部長に就任する役員人事を正式に決めた。日本テレビでドラマやバラエティーのヒット作を連発した今村新社長は、東京・大手町の球団事務所で会見し、所信表明。5か条の指針として、それぞれの頭文字を取った「SEIKO」を掲げた。

 超人気番組「ザ!鉄腕!DASH!」を担当していた時代から大切にする心構えだといい、「愛されるチームにしたい」と思いを語った。

 周到に準備して会見に臨んでいた。今村社長は現役選手、スタッフ、球団職員に持ってほしい共通認識として、手作りの特製ボードを掲げて指針を示した。縦に大きく書かれていたのは「SEIKO」の5文字。それぞれが英単語の頭文字だった。敏腕テレビマンらしい発想で、その意味を一つずつ丁寧に説明した。

 S=サプライズ「人間の感動の原点は驚き。ワクワク、驚かせてほしい。選手のプレー、采配、ヒーローインタビューでも第一声で何を言うかもちょっと考えるだけで全然違うので」

 E=エンターテインメント「いろんなことを楽しく伝えようと。(野球は)最高のエンターテインメントなので。お客さんを意識しながら、情熱を持って伝えましょうということです」

 I=インテリジェンス「野球の奥深さをもっと伝えていった方がいいんじゃないか。選手のストーリー、采配の妙だとかをきちっと伝えていくと、野球の奥深さが伝わると思います」

 K=カインドネス「お客さんを一人ひとり大事にしましょうと。僕の野球との接点、原体験は子どもの頃、V9を達成した川上哲治さんが僕の実家の釣り宿に来てくれて握手してくださった。それから野球に夢中になった。そういう子供の時の体験はすごく大きい。『ファンは大事に』ということを心掛けてほしいです」

 O=オリジナリティー「個性を発揮してほしい。肩なら肩、スピードならスピード。平均点よりも、どんどん自分のセールスポイントを出してオリジナリティーを意識してほしい」

 日本テレビで「ザ!鉄腕!DASH!」を担当していた時から「SEIKO」の考え方を大切にしていたという。「この5文字をいつも心に刻んでいます」。さらに座右の銘として「飛んでから考えろ! 潜ってから息を吸え!」と書いた色紙も披露。失敗を恐れず、前に踏み出すことの重要性を説いた。“鉄腕DASH魂”で、巨人をより良くしようという決意を示した。

育成パイプ強化する 強い組織作りへ、具体的な戦略の一つに描いているのがファームの充実だ。

 「良い素材を発掘、育成して、良い商品にしてチームに届ける。それを永続的にやっていく。トレード、FA、外国人選手があるにしても、とにかく太い育成のルート、パイプを作りたい。ジャイアンツが強いチーム、より愛されるチームになるようにやっていきます」

 日本テレビで野球中継、NPBエンタープライズ社長時代は侍ジャパン事業にも携わるなど豊富な経験、知識を持つ。30分間の会見で、巨人への熱い気持ち、覚悟が見えた。(片岡 優帆)

 ◆今村 司(いまむら・つかさ)1960年5月10日、神奈川県生まれ。59歳。東大文学部を卒業後、85年4月に日本テレビに入社。スポーツ・情報局チーフプロデューサーとして巨人戦などのプロ野球中継を担当。「ザ!鉄腕!DASH!」では「DASH村」、制作局ドラマセンター長を務めていた際には「家政婦のミタ」などヒット企画を連発。15年1月1日付で野球日本代表・侍ジャパン事業を手がける「NPBエンタープライズ」社長に就任。17年5月1日に日本テレビへ帰任し、執行役員事業局長を務めた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請