【横浜C】カズ、A代表初出場の久保に「日本代表を背負って」…後輩&選手権への思い語る 

横浜市立笹山小学校の児童たちと記念写真を撮る三浦知良(後列中央)ら
横浜市立笹山小学校の児童たちと記念写真を撮る三浦知良(後列中央)ら

 横浜Cの元日本代表FW三浦知良(52)が11日、18歳MF久保に期待を寄せた。この日はホームタウンプロジェクトの一環として横浜市立笹山小学校を訪問。9日のエルサルバドル戦で年少2位となる18歳5日でA代表初出場を果たした久保について「年齢関係なく、十分プレーできると思います。もっともっと力を発揮して、日本代表を背負って立ってほしい」と話した。

 14日(日本時間15日)から始まる南米選手権は久保ら東京五輪世代が中心となって臨む。自身がブラジルでプレーしていた87年アルゼンチン大会、89年ブラジル大会を現地で観戦。「南米の人にとってものすごく大きな意味を持った大会」と真剣勝負の場であることを強調。その上で久保には「自分の持っているものを全部出してほしい。楽しみにしています」とエールを送った。ミニゲームではハットトリックを決めるなど76人の児童たちと交流した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請