【札幌】右内転筋痛で日本代表辞退の鈴木武蔵、合流「大丈夫」

MF中原(右)に競られながらもボールキープする札幌FW鈴木
MF中原(右)に競られながらもボールキープする札幌FW鈴木

 右内転筋痛で日本代表を辞退したJ1北海道コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵(25)が11日、チームに合流した。

 1日広島戦で負傷後は別メニューで調整していたが、試合形式の練習まで全てを消化。14日に控えるアウェー・川崎戦へ「まだ100%とは言えないが大丈夫。ここでしっかり結果を出して、上に少しでも近づけるようにやっていきたい」と2連勝を目指し、ピッチに立つ決意を示した。

 2度目の選出も合流できなかった代表では、代わって招集されたF東京のFW永井が、9日のエルサルバドル戦で2点を挙げた。「刺激になった。もっともっと頑張らないと駄目」。鈴木はそう言いつつ「代表の最終目標はW杯。そこまでいかにアピールできるかなので。慌てずにチームでしっかりやっていきたい」と、目の前の戦いに集中する姿勢を強調した。次のチャンスも引き寄せるべく、川崎戦に全力を注ぐ。(砂田 秀人)

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請