グレート・ムタ、1年4か月ぶりに日本マット降臨…7・14九州プロレス

武藤敬司
武藤敬司

 プロレスラー武藤敬司の化身、グレート・ムタが九州プロレスが7月14日に開催する福岡市のアクロス福岡大会に参戦することが11日までに決定した。

 ムタは、昨年3月25日のDDT両国国技館大会を最後に姿を消していたが、4月6日に米ニューヨークで行われた米団体「House Of Glory」の「CULTURE CRASH19」で復活。さらに同日夜には、新日本プロレスのマジソンスクエアガーデン(MSG)大会に降臨するビッグサプライズを起こした。

 さらに今月8日には米フィラデルフィアの2300アリーナで行われた「HOUSE OF HARDCORE」に参戦。メインイベントでトミー・ドリーマーとのタッグでマイケル・エルガン、ジョニー・インパクト組と対戦し毒霧を吹きまくり大暴れした。

 米国で復活したムタだが日本マット降臨は、昨年3月以来、1年4か月ぶりになる。ムタが参戦する九州プロレスのアクロス福岡大会は、同団体の設立11周年記念イベントで「旗揚げ記念試合ということでムタの参戦が実現しました」と同プロレスは参戦の経緯を明かしていた。

 一方で昨年3月14日の試合を最後に両膝の人工関節設置手術を行い、欠場中の武藤は、6月26日に後楽園ホールで行う長州力の引退興行で復帰する。試合は、藤波辰爾、真壁刀義と組んで、引退する長州、越中詩郎、石井智宏と対戦する。さらに自身がプロデュースする「PRO-WRESTLING MASTERS」(8月30日、後楽園ホール)への参戦も決定している。

 

格闘技

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請