【巨人】今村新社長の指針「SEIKO」鉄腕!DASH!!担当時代から胸に秘める5か条

 巨人の株主総会と取締役会が11日に開かれ、今村司球団顧問(59・前日本テレビ放送網執行役員事業局長)の代表取締役社長兼編成本部長就任が承認された。石井一夫代表取締役社長兼編成本部長は代表取締役会長となる。

 今村新社長は都内の球団事務所で就任会見に臨み、所信表明。「SEIKO」と書かれた手作りのボードを披露した。それぞれが英単語の頭文字で「サプライズ」の「S」、「エンターテインメント」の「E」、「インテリジェンス」の「I」、「カインドネス」の「K」、「オリジナリティ」の「O」だという。

 「物事を成功させたいと思う時、この5つのアルファベットをすごく意識してます」とし、それぞれに込めた思いを説明した。

 「Sはサプライズ。人間の感動の原点って驚きだと思う。とにかく、なにかワクワク、驚かせてほしい。選手のプレーもそうだし、采配もそうだし、常々思ってます。ヒーローインタビューでも第一声で何を言うか、ちょっと考えるだけで全然違うので」

 「Eはエンターテインメント。とにかくいろんなことを楽しく伝えようと。ワクワクして情熱を持って伝えましょうということ。お客さんを意識しながら」

 「Iはインテリジェンス。頭は良いとか悪いとか、そういうことじゃなくて、野球の奥深さみたいなことをもっともっと伝えていった方がいいんじゃないかと。選手の持ってるストーリーだとか、采配の妙だとかをきちっと伝えていくと、野球の奥深さが伝わるんじゃないかと思ってます」

 「Kはカインドネス。お客さんを一人一人、大事にしていきましょうということですね。僕の野球との接点というか原体験というのは、V9を達成した川上哲治さんが、子どもの頃、僕の実家の釣り宿に来てくれて握手してくださった。それから野球に夢中になって、そういう子供の時の体験はすごく大きい。ファンを大事にということを心掛けてほしいと思っています」

 「最後はO、オリジナリティー。とにかく個性を発揮してほしい。足だったら足、肩だったら肩、スピードだったらスピード。平均点よりも、より自分のセールスポイントをどんどん出してほしい。オリジナリティーを意識してほしい。僕は番組作りでもずっと同じことを言ってて、このポリシーで今後もいろんなことに当てはめてやっていこうかなと思います。この5文字を僕はいつも心の中に刻んでやっております」

 日本テレビ編成局プロデューサー時代、超人気番組「ザ!鉄腕!DASH!!」を手がけ、製作局ドラマセンター長として「家政婦のミタ」も担当した敏腕テレビマン。「鉄腕!DASH!!」の担当時代から、この「SEIKO」をモットーに仕事に取り組んでいたといい、その精神を巨人でも発揮する。

 「読売巨人軍は絶えず優勝争いをする宿命があって、なおかつ球界の盟主、リーダーとしての役割がある。野球界全体のこともちょっと見ながら、どうしたら野球の人口が増えるかとか、もっと身近に野球というコンテンツを感じてくれるのか、というのを考えていきたい」と意欲を示した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請