海老蔵、再婚は「なかなか難しい」義姉・小林麻耶復帰にはエール

イベントに出席した(左から)假屋崎省吾、村上佳菜子さん、市川海老蔵、桂由美
イベントに出席した(左から)假屋崎省吾、村上佳菜子さん、市川海老蔵、桂由美

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が11日、東京・青山セントグレース大聖堂で「全国プロポーズの言葉コンテスト2019」に出席。自身の再婚について「なかなか難しい」と語った。

 来年5月に市川團十郎白猿(はくえん)を襲名するのはもちろん、長男・勸玄くん(6)が市川新之助を、長女・麗禾ちゃん(7)が8月に日本舞踊「市川流」の市川ぼたんを襲名することに触れ、「私も襲名を控えておりますし、娘、妹、叔母の襲名もありますし、せがれのこともある。仕事で、そこ(再婚)までの余裕がないのが事実」と近況を説明。「いまだに思ってますから」と一昨年の6月に亡くなった妻・小林麻央さんへの思いも漏らした。続けて「いい人がいれば紹介してもらいたい」と自ら切り出し報道陣を一瞬驚かせたが、すぐに「冗談です」と自ら否定した。

 義姉でフリーアナの小林麻耶(39)の芸能活動再開については「体調も良くなってそういう気持ちになったのが良かった。心配してましたから。温かく見守ってあげれば。元気になったから仕事をするのは当たり前のこと」とエールを送った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請