【なでしこ】W杯初戦はゴールが遠く、ドローに終わる

フランスW杯初戦のアルゼンチン戦を引き分けたなでしこジャパン(ロイター)
フランスW杯初戦のアルゼンチン戦を引き分けたなでしこジャパン(ロイター)

◆フランス女子W杯1次リーグ第1戦 日本0―0アルゼンチン(10日・パルク・デ・プランス競技場=パリ)

 サッカー女子日本代表なでしこジャパンは10日(日本時間11日)、フランスW杯初戦のアルゼンチン戦に臨み、0―0で引き分けた。

 中央を固めて守りに徹する相手に苦戦し、前半のシュート数は、MF中島依美とMF三浦成美の2本。後半に入り、岩渕真奈らを投入してゴールに迫る場面も増えたが、得点は奪えず。日本はFIFAランク7位だが、同37位の格下相手の守備を崩すことが出来なかった。

 試合後、MF長谷川唯は「向こうがやりたいことだけをできたような試合でした」と振り返り、高倉麻子監督は「前半は慎重になってしまったところがあった。後半はスイッチをもっと上げていかなければならなかったが、相手DFを壊す力がなかった」と話した。

 第2戦は14日に、W杯初出場のスコットランドと対戦する。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請