馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 中京 函館

【ユニコーンS】デュープロセス、5連勝で重賞初制覇だ!

初タイトルを狙う4連勝中のデュープロセス
初タイトルを狙う4連勝中のデュープロセス

◆第24回ユニコーンS・G3(6月16日・ダート1600メートル、東京競馬場)

 今週15日から函館競馬が開幕する。その最初の重賞、第26回函館スプリントS・G3(16日)と、東京競馬場で行われる第24回ユニコーンS・G3(16日)の両制覇を狙うのが、現在34勝で全国リーディングトップに立つ安田隆行調教師(66)=栗東=。函館スプリントSのダノンスマッシュは秋のG1を見据えた再起戦、ユニコーンSのデュープロセスは5連勝に挑むダート界のスター候補だ。

 安田隆厩舎は、3歳ダート路線にもスター候補を擁している。デュープロセスは新馬2着後、未勝利から4連勝。逃げ切りあり、直線一気ありの自在なレース運びで、世代のトップレベルへと躍り出た。

 「最初の頃は未勝利を勝つので精いっぱいという印象でした」と、安田隆調教師は期待値を大きく上回る走りに目を細める。調教と実戦を重ねるごとに良化を続け「(3戦目の)500万の前後で攻め馬の動きが変わってきて『これは走る』となりました」。この中間は在厩で乗り込み、6日の1週前追い切りは栗東・CWコースで6ハロン82秒5―11秒5。鋭い伸びで併走馬を圧倒した。

 4コーナー最後方から差し切った昇竜Sから一転、前走の青竜Sは好位から抜け出す正攻法で突破。どちらも着差はわずかだが、並んで抜かせない勝負強さは長い直線での追い比べで心強い。

 5連勝での重賞初Vへ「左回りの方が走りがいいですし、今回の舞台も。どんな流れにも対応できそうです」とトレーナー。手綱を託すMデムーロは今年、同厩舎とのタッグで5戦全勝。進撃は止まりそうにない。(吉村)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請